あるく

~山の恵みの備忘録~

言葉の糧~八木重吉

八木重吉の詩に、いつごろから親しむようになったのか。

いつのまにか、彼の詩集は机上に恭坐していました。

この頃、胸にしみいる詩篇を、いくつか・・・

(以下、全篇、八木重吉の詩集から)

 

 

イメージ 1

 

 

ふるさとの 山

 

ふるさとの山のなかに うずくまったとき

さやかにも 私の悔いは もえました

あまりにうつくしい それの ほのおに

しばし わたしは 

こしかたの あやまちを 讃むるようなきもちになった

 

 

 

 

イメージ 2

 

 

天〈天というもの〉

 

天というのは

あたまのうえの

みえる あれだ

神さまが

おいでなさるなら(ば) あすこだ

ほかにはいない

 

 

 

 

イメージ 3

 

 

 

私よりも偉い人 ―それは

「本当に

自らを捨てる人」だけだ

 

 

 

 

イメージ 4

 

 

 

「幸福」を失うたひとは

うつむいて 考えるがよい

どこか まちがっているかもしれない

「幸福」を押しやっといて

「幸福」を探すなら― そりゃあ 無理だ

だが―「幸福」って あるもんだろうか?

 

 

 

 

 イメージ 5

 

 

 

一歩踏みいだすのさえ

容易なわざではない

ちがった一言を言うのさえ

此の社会ではむずかしいのだ

 

でも 私はゆこう

 

 

 

 

イメージ 6

 

 

 

みずが

ひとつのみちをみいでて

河となってながれてゆくように

わたしの このこころも 

じざいなるみちをみいでて

うつくしくながれてゆきたい

 

 

 

 

イメージ 8

 

 

 

このよに

てんごくのきたる

その日までわがかなしみのうたはきえず

てんごくのまぼろしをかんずる

その日あるかぎり

わがよろこびの頌歌はきえず

 

 

 

 

イメージ 14

 

 

 

かげのごとくにすぎてゆく

わがせいかつなり

されど おもえば

かげのごときはかなしむねうちあらず

このささやかなるいのちのかげに

いざつつましくわれをもやしてゆこう

 

 

 

 

イメージ 9

 

 

 

もったいなし

おんちちうえ ととのうるばかりに

ちからなく わざなきもの

たんたんとして いちじょうのみちをみる

 

 

 

イメージ 10

 

 

 

よぶがゆえに

みえきたるものあり

よぶことなければきえゆくものあり

 

 

 

イメージ 1

 

 

 

われよべば

みえきたるなり

わがよぶは

みえきたるもののこころのうごきのゆえならん

もったいなしととなえんか

 

 

 

イメージ 2

 

 

 

みえきたらんとするもの

よぶがゆえにわれもよぶ

そのものわれによぶこころをうごかすごとし

 

 

 

イメージ 11

 

 

 

きりすと

われによみがえれば

よみがえりにあたいするもの

すべていのちをふきかえしゆくなり

うらぶれはてしわれなりしかど

あたいなき

すぎこしかたにはあらじとおもう

 

 

 

イメージ 12

 

 

 

できるだけ ものを持たないで

こだわりなく 心をはたらかせたい

 

 

 

イメージ 13

 

 

 

天に

神さまがおいでなさるとかんがえた

むかしのひとはえらい

 

 

 

イメージ 14

 

 

 

十字架は悔いへのくさびである

罪ふかくして悔いを完うし得ぬ者へのめぐみである

何人でも仰ぎさえすれば救わるるという約束である

基督を見し者が信じたる福音である

 

 

 

 イメージ 15

 

 

 

私みずからであること

それのみ絶対である

私みずからより大きい必要もない

私みずからである時のみ神をかんずる

 

 

 

イメージ 16

 

 

 

万葉の調律も必要でない

芭蕉の調律も必要でない

私自らに必然なものだけが尊い

私はどんな風にうたってもかまわない

ただ私の道は一つの外に無い

 

 

 

イメージ 7

 

 

 

ふしぎなのは魂である

完いたましいは腐れている

砕けているときのみ魂は完全であ

 

 

 

イメージ 21

 

 

 

忍びてゆけ

突破しながらゆけ

頭をひくくたれひくくたれ

死ぬことができぬほどしつこくゆけ

 

 

 

イメージ 6

 

 

 

ゆきなれた路の

なつかしくて耐えられぬように

わたしの祈りのみちをつくりたい

 

 

 

イメージ 17

 

 

 

人は人であり

草は草であり

松は松であり

椎は椎であり

おのおの栄えあるすがたをみせる

進歩というような言葉にだまされない

懸命に 無意識になるほど懸命に

各各自らを生きている

木と草と人と栄えを異にする

木と草はうごかず 人間はうごく

しかし うごかぬところへ行くためにうごくのだ

木と草には天国のおもかげがある

もううごかなくてもいいという

その事だけでも天国のおもかげをあらわしているといえる

 

 

 

イメージ 18

 

 

 

ゆるされ難い私がゆるされている

私はたれをも無条件でゆるさねばならぬ

 

 

 

イメージ 19

 

 

 

人生はいつたのしいか

気持がひとつになり切った時だ

 

 

 

イメージ 20

 

 

 

深い人生よりもっといい人生

それは個に徹した人生だ

浅くもなく深くもなく

浅ければ浅いままに

深ければ深いままに

力をつくして残無い人生だ

 

 

 

イメージ 21

 

 

 

やさしさ

謙遜な心

すなおな信仰

それは浅くても尊い

 

 

 

イメージ 5

 

 

 

虹を見るように

神を畏れる人は尊い

 

 

 

イメージ 23

 

 

 

長い命でないとおもえば

これから一生懸命

力をつくして

神様を信じ

人を愛してゆこう