あるく

~山の恵みの備忘録~

二ツ箭山/愉然 2020年1月19日

 今日(1/19)は、二ツ箭山へ。

 寒さ厳しき折柄、散歩の時間も不規則になり勝ちですが、

 どんなに寒くとも、不思議と、山に臆することはありません。

 山はハートでのぼるもの。

 とは言うものの、行先が雪山でないのは、何故?(笑)

 

 

 

 駐車場に車をとめ、いざ。 

f:id:bot-naz1:20200119170844j:plain

 

 

  御滝の翔逸に合わせられ、謙廉。

f:id:bot-naz1:20200119170907j:plain

 

 

 さやかな律動、・・・ 

f:id:bot-naz1:20200119170925j:plain

 

 

 その声に慰撫されて。 

f:id:bot-naz1:20200119170944j:plain

 

 

  〆張り場から、山脊へ。

 

f:id:bot-naz1:20200119171001j:plain

 

 

 

f:id:bot-naz1:20200119171023j:plain

 

 

  岩場に直下。呼ばわる響に耳澄ませます。

 「天を仰げ、天から生きよ」。

f:id:bot-naz1:20200119171043j:plain

 

 

 男岩/女岩を分つ基部へ。月山のエ~ル。 

f:id:bot-naz1:20200119171105j:plain

 

 

 もうちょい。 

f:id:bot-naz1:20200119171124j:plain

 

 

  背中をポン。男岩から激。

f:id:bot-naz1:20200119171143j:plain

 

 

 

f:id:bot-naz1:20200119171201j:plain

 

 

  女岩を頂きました。予報など、雲は、我関せず。

f:id:bot-naz1:20200119171215j:plain

 

 

 洋は真率。陽精の頌に唱を合せます。 

f:id:bot-naz1:20200119171229j:plain

 

 

  さて、テラスへ。いつもの方々が。

f:id:bot-naz1:20200119171245j:plain

 

  1/13に引き続き、asanoさんのお姿が。前に鎮座しているのは、鍋焼きセット。

f:id:bot-naz1:20200119171302j:plain

 

 M浦さんご夫妻、Y田さんも相変わらずで何より。 

f:id:bot-naz1:20200119171330j:plain

 

 鍋焼きタイムです。 

f:id:bot-naz1:20200119171354j:plain

 

 

  雲が慮ってか、空が広がります。

f:id:bot-naz1:20200119171411j:plain

 

 陽が射しは始めると、ぬくぬく。 

f:id:bot-naz1:20200119171425j:plain

 

 

 陽精と、親昵のひと時。

 

 山に上ると、天が近い。人間の小ささが瞭然、あからさまです。

 山を頂くとは、天に合わせられること。

 「天」、上なる存在に、人を越えるなにものかに向かって心を開くとき、

 そのときはじめて、人は生命の輝きをとりもどすことができます。・・・

 人間の、天に唾する、とどまるところを知らぬ思い上がり。

 「模範とすべきモデルのない、変化の激しい不透明な時代において、

 自分の頭で考え主体的に行動できる個性的で創造的な人間を育成せねば」

 とは、ず~っと政府の様々な委員会やら審議会で繰り返されてきた提言。

 定義不能、言ってる当人も説明できぬような資質を求めて齷齪する勿れ。

 山に登れ。静まって、天へと心を開く・・・それだけでいい。

 

   

f:id:bot-naz1:20200119171507j:plain

 

 

  洋はいつもそうしている。

f:id:bot-naz1:20200119171526j:plain

 

 

 いい時間を過ごせました。

 帰りは、いつもの沢コース。

 

 修験台から、”夫婦岩”。

f:id:bot-naz1:20200119171546j:plain

 

 

  睦まじく天を仰ぎます。

f:id:bot-naz1:20200119171603j:plain

 

 

 

  沢へと降り起って・・・

f:id:bot-naz1:20200119171621j:plain

 

 水の精に礼し、通行の許しを乞います。 

f:id:bot-naz1:20200119171641j:plain

 

 

 

f:id:bot-naz1:20200119171717j:plain

 

 

 水の精と語らいながら。 

f:id:bot-naz1:20200119171738j:plain

 

 

 

f:id:bot-naz1:20200119171759j:plain

 

 

 

f:id:bot-naz1:20200119171819j:plain

 

 

 

f:id:bot-naz1:20200119171840j:plain

 

 

f:id:bot-naz1:20200119171858j:plain

 

 

 

f:id:bot-naz1:20200119171920j:plain

 

 

  水の精の翔逸、

f:id:bot-naz1:20200119171936j:plain

 

  翔華、

f:id:bot-naz1:20200119171952j:plain

 

 

 翔躍に与って・・・ 

f:id:bot-naz1:20200119172011j:plain

 

 無事の下山、

 愉然の山路に

 感謝、感謝。

 

 fin

 

 

二ツ箭山/心遊 2020年1月13日

 今日(1/13)は、二ツ箭山へ。

 蓋し、週一の山歩きという習慣は大切、守らないと心体に良くありません。

 昨年は環境が変わってペースがつかめず、山行が儘なりませんでしたが、

 おかげ様で、その環境にもだいぶ慣れて来ました。

 今年は、心体を大切にし、週一回の山遊を心がけたく願っています。

 

 

 御滝に礼し、謙廉。

f:id:bot-naz1:20200113174116j:plain

 

 

 駐車場でH多さんと、バッタリ。先行します。

f:id:bot-naz1:20200113174138j:plain

 

 

 浩然の気溢れる、H多さん。 

f:id:bot-naz1:20200113174201j:plain

 

 

 水の精の律動に歩を合せ・・・ 

f:id:bot-naz1:20200113174224j:plain

 

 

 お喋りを愉しみながら。 

f:id:bot-naz1:20200113174243j:plain

 

 

 

f:id:bot-naz1:20200113174301j:plain

 

 水の声は、さやか。 

f:id:bot-naz1:20200113174322j:plain

 

 

  〆張り場から、山脊へ。

f:id:bot-naz1:20200113174338j:plain

 

 

 岩場に直下。呼ばわる響に、耳清ませます。

 「天へ、天から」。 

f:id:bot-naz1:20200113174355j:plain

 

 

 今日はH多さんが登攀のモデル。 

f:id:bot-naz1:20200113174413j:plain

 

 

 基部へ上り、次は女岩。

f:id:bot-naz1:20200113174429j:plain

 

 

 男岩の激に、応えます。

f:id:bot-naz1:20200113174526j:plain

 

 

 

f:id:bot-naz1:20200113174545j:plain

 

 

 

f:id:bot-naz1:20200113174603j:plain

 

 

 女岩を頂きました。 

f:id:bot-naz1:20200113174619j:plain

 

 

 雲さんの気勢に押されます。 

f:id:bot-naz1:20200113174635j:plain

 

  雲を透して、陽精の頌。

f:id:bot-naz1:20200113174933j:plain

 

 

 直ぐに、テラスへ。たくさんの常連さんの姿。

 再会を祝します。 

f:id:bot-naz1:20200113174653j:plain

 

 

 みなさんの相変わらずに元気を頂戴しました。

 

f:id:bot-naz1:20200113174713j:plain

 

 

f:id:bot-naz1:20200113174741j:plain

 

  ひと時、歓談、四方山話。

 

f:id:bot-naz1:20200113174805j:plain

 

 

  お隣さんは、良質なタンパク質。(笑)

f:id:bot-naz1:20200113174824j:plain

 

 それを羨望しつつ?私は鍋焼きタイム。 

f:id:bot-naz1:20200113174843j:plain

 

 先着のみなさんを見送り、テラスに独り。

 雲さんが忖度してくれたのか?青空が広がります。

 

f:id:bot-naz1:20200113174902j:plain

 

 

  陽精と語らい、

f:id:bot-naz1:20200113174917j:plain

 

 

 しばし黙想。

f:id:bot-naz1:20200113174947j:plain

 

 

  オーストラリアが燃えています。『毎日新聞』の「余禄」子は
 「オーストラリアの先住民アボリジニには、
 コアラをいじめると干ばつになるという伝承がある。
 コアラはもともとある部族でみんなの迫害を受けた少年で、
 彼をあわれんだ精霊がコアラに変身させたのだ。
 少年は部族で平等に分けられる水すら親族に取り上げられた。
 コアラになった後は精霊の加護で水を必要としなくなり、
 高い木の上で暮らすようになる。人々はこの話から
 コアラに手を出すと精霊によって水を奪われると語り伝えた」
 と紹介し、
 コアラは既に数万匹が焼死、他に動物の犠牲は10億匹とも伝えています。
 記録的乾燥、火災旋風、火災積乱雲・・・凄絶な有様に言葉がありません。
 「余禄」子は、
 「(気候変動という)人の営みが招いた干ばつが
 精霊たちの森を焼き尽くす今日、やけどを負い、水を求めるコアラは
 人類の未来を暗示してはいないか」
 と結んでいました。
 「水」と「火」という、彼我の違いこそあれ、肯首せぬ人はいまい…。

 

 

f:id:bot-naz1:20200113175004j:plain

 

 

f:id:bot-naz1:20200113175019j:plain

 

 いい時間をすごせました。感謝。

 

 帰りは、沢コースへ。修験台から、”夫婦岩”。

f:id:bot-naz1:20200113175037j:plain

 

 

  睦まじく天を仰ぎます。

f:id:bot-naz1:20200113175056j:plain

 

 

 沢へと降り起って、水の精にご挨拶。通行の許しを乞います。 

f:id:bot-naz1:20200113175115j:plain

 

 

  水の時間、水の頌に合せられます。

f:id:bot-naz1:20200113175132j:plain

 

 

 

f:id:bot-naz1:20200113175151j:plain

 

 

 

f:id:bot-naz1:20200113175257j:plain

 

 

 

f:id:bot-naz1:20200113175208j:plain

 

 その思想は、純真無垢。  

f:id:bot-naz1:20200113190040j:plain

 

 

 

f:id:bot-naz1:20200113175342j:plain

 

 

  水の精の翔逸、翔華。 

f:id:bot-naz1:20200113175400j:plain

 

 

  そしてその翔躍に与って・・・

f:id:bot-naz1:20200113175418j:plain

 

 無事の下山、

 心遊の山路に、

 感謝。

 

 fin

 

 

二ツ箭山/淑気 2020年1月1日

 2020年、初めの頌歌。

f:id:bot-naz1:20200101172459j:plain

 

 

 あけましておめでとうございます。

 みな様の、新年の福祥、

 そしてお一人おひとりの健足、健歩を切に祈り上げます。

 

 さて、今日(1/1)は、二ツ箭山へ。

 大晦日は遅くまでTVを視聴、おかげで寝坊してしまいました。

 でも元日です。山に行かぬわけにはまいりません。(笑)

 気持ちを新たに、テキパキと準備し、いざ。

 

 

  御滝に礼し、謙廉。

f:id:bot-naz1:20200101174134j:plain

 

 

  

f:id:bot-naz1:20200101174149j:plain

 

 

 頌う、水の精。 

f:id:bot-naz1:20200101174204j:plain

 

 

 その律動に歩を合せ、・・・ 歩一歩。

f:id:bot-naz1:20200101174220j:plain

 

 

 

f:id:bot-naz1:20200101174233j:plain

 

 

 

f:id:bot-naz1:20200101174248j:plain

 

 

 水の精、その語られざる哲学。 

f:id:bot-naz1:20200101174302j:plain

 

 

 〆張り場から、山脊へ。 

f:id:bot-naz1:20200101174318j:plain

 

 

 稜線に上がれば、漫歩。 

f:id:bot-naz1:20200101174336j:plain

 

 

 岩場に直下。呼ばわる響に、耳澄ませます。

 "天を仰げ、天から生きよ"。 

f:id:bot-naz1:20200101174352j:plain

 

 

 鎖、ロープにご厄介。 

f:id:bot-naz1:20200101174408j:plain

 

 

 男岩/女岩を分つ基部へ。月山のエ~ル。 

f:id:bot-naz1:20200101174448j:plain

 

 

 女岩へと攀じります。 

f:id:bot-naz1:20200101174505j:plain

 

 

  男岩からは、特大のエ~ル。

f:id:bot-naz1:20200101174522j:plain

 

 

 

f:id:bot-naz1:20200101174539j:plain

 

 

 攀じり了えて、ひと息。男岩をまじまじ。 

f:id:bot-naz1:20200101174559j:plain

 

 

  女岩を頂きました。

f:id:bot-naz1:20200101174620j:plain



 陽精の頌歌が、宙いっぱい。

f:id:bot-naz1:20200101174713j:plain

 

 

 陽精が頌えば、燦燦と唱を合せる洋。 新春を、言祝ぎます。

 しばし、黙想。

f:id:bot-naz1:20200101174727j:plain

 

 

 さて、初テラス? 先客はお一人。

f:id:bot-naz1:20200101174744j:plain

 

 

 洋の讃歌に耳傾けながら・・・

f:id:bot-naz1:20200101174758j:plain

 

 

 鍋焼きタイム。

 (いちばんの食べ時を撮り損ねてしまいました/笑) 

f:id:bot-naz1:20200101174813j:plain

 

 

 居合わせた方とお喋り。

 お二人を見送って、・・・

f:id:bot-naz1:20200101174829j:plain

 

 

 宙の惟いに、没入。 

f:id:bot-naz1:20200101174849j:plain

 

 

  アランAlainのようにささやく、流浪雲。 

f:id:bot-naz1:20200101174906j:plain

 

 

 曰わく、

 「最後に、本当に納得するのは、いつも心のいちばん奥にある思いだ。

 ひとはみな生きることに切々としている。死ぬことにじゃない。

 そう、生きてる人を求めているんだ。

 ぼくはここで、自分に"これでいい"と言っている人たち、

 自分のよろこびを顔に出している人たちのことをさしている。

 みんなが灰の上で泣き顔などせず、それぞれの薪を火にくべさえしたら、

 それだけで、この世はどんなにすばらしいものになるだろう」(!) 

 岩波文庫訳にちょっと手を入れました)

 

  

 雲さんに仲間が。

f:id:bot-naz1:20200101174921j:plain

 

 

 さてさて、いい時間を過ごせました。帰るとしましょう。

 

 

 沢コースへ。

 

 修験台から、睦まじい"夫婦岩"。 

f:id:bot-naz1:20200101174939j:plain

 

 

  沢床へと降り起ち、・・・

f:id:bot-naz1:20200101174958j:plain

 

 

 水の精に、通行の許しを乞います。

f:id:bot-naz1:20200101175017j:plain

 

 

 寒を透し、水は心を顕します。

f:id:bot-naz1:20200101175035j:plain

 

 

 

f:id:bot-naz1:20200101175054j:plain

 

 

 

f:id:bot-naz1:20200101175111j:plain

 

 

  水の時間を、てくてく。

f:id:bot-naz1:20200101175129j:plain

 

 

 

f:id:bot-naz1:20200101175149j:plain

 

 

 水の翔逸。・・・ 

f:id:bot-naz1:20200101175207j:plain

 

 

 そして、翔躍、翔華に与り・・・ 

f:id:bot-naz1:20200101175227j:plain

 

 無事の下山、

 山路の淑気に

 感謝、感謝。

 

  fin

 

 

二ツ箭山/思誠 2019年12月22日

  今日(12/22)は、二ツ箭山へ。

 昨日は行事があって山行どころではありませんでした。

 今日は曇天。天気を選びたいところですが、甘んじることに。

 行けるときが、その時の天気が、最良なのですから。

 

 

 駐車場で身繕いをしていると、「koizumiさん、お久しぶりです」。

 振り向くと、何とnakajimaさん!

 台風19号で被災されたと伝え聞いていたので、元気なお姿に一安心。

 聞けば、愛用のバイクは水没、家は大規模半壊~取壊し。

 なのに、反って私の方が励ましの言葉を頂戴してしまいました。

 少しずつ、胸裏に二ツ箭山が甦って来たご様子。

 長老nakajimaさんへ、二ツ箭からあたたかなまなざしが。

f:id:bot-naz1:20191222201906j:plain

 

 

  御滝に礼すれば、謙廉。

f:id:bot-naz1:20191222175436j:plain

 

 

  水の精と語らいながら、歩一歩。

f:id:bot-naz1:20191222175511j:plain

 

 

 

f:id:bot-naz1:20191222175547j:plain

 

 

 山脊へと、胸突き八丁。 

f:id:bot-naz1:20191222175608j:plain

 

 

  岩場に直下。呼ばわる響に耳澄ませます。

 "天へ、天から生きよ"。

f:id:bot-naz1:20191222175625j:plain

 

 

 

f:id:bot-naz1:20191222175645j:plain

 

 

  上りでは、お節介なロープ、鎖ですが、・・・

 せっかくですので?お世話になります。(笑)

f:id:bot-naz1:20191222175700j:plain

 

 

 基部へと起ち、次ぎは女岩へ。

 男岩が激します。

f:id:bot-naz1:20191222175720j:plain

 

 

  男岩に人影。よ~く見ると・・・

f:id:bot-naz1:20191222175740j:plain

 

 

 「お久しぶりです」。O内さんでした。

f:id:bot-naz1:20191222175759j:plain

 

 

 登り終えて、ひと息。

f:id:bot-naz1:20191222175821j:plain

 

 

  女岩を頂きました。・・・

f:id:bot-naz1:20191222175849j:plain

 

 

 しばし、眺覧、周覧。

f:id:bot-naz1:20191222175907j:plain

 

 

  黙想。雲と語らいます。

f:id:bot-naz1:20191222175921j:plain

 

 

 岩場のテラスに赴くと、人影無し。

f:id:bot-naz1:20191222175944j:plain

 

  一人寂しく?鍋焼きタイムです。

f:id:bot-naz1:20191222180250j:plain

 

 

 陽精と思想を交換する、ひと時。 

f:id:bot-naz1:20191222180217j:plain

 

 

 「身の丈」を弁えぬ人間の非を、陽精は打ちます。
 1千兆円を超える借金があるのに税収を上回る予算を膨張させる暴慢さ。
 そして、タガがない、己れを律することが不能ない大人たち・・・
 某シンクタンクの俊英は新聞に寄稿し、憂えている・・・
 「目的のためには平気で一線を越える」という態度が

 政権トップから世間の末端にまでまん延している、と。
 「今だけ・金だけ・自分だけ」。

 そして曰う・・・
 「世界経済が今後バブル崩壊局面になれば、
 一線を越えて副作用だらけの経済政策を乱発したツケが回ってくるだろう。
 その責任を首相自身と取り巻きに取ってほしいと、
 政権外の有力政治家や、多くのまともな経済人は考えているのではないか。
 『好景気のうちに辞め逃げ』は許さない。
 政策の結果責任は今後も問われ続けると内心思う人は、
 この年の瀬に確実に増えている」・・・(藻谷浩介:『毎日新聞』)

 でも、そんな余裕あるのかな?
 
 矛盾は極まらなければ「進化」に転じない、とは誰かさんの言葉。

 極まる前に「進歩」へと転ぜしめうるのは、知恵だけです。

 計算の能力ではありません。。

 

f:id:bot-naz1:20191222180310j:plain

 

 

  いい時間を過ごせました。

 往路を復します。

 

 男岩の下部を巻きながら。

f:id:bot-naz1:20191222180347j:plain

 

 

 

f:id:bot-naz1:20191222180410j:plain

 

 

 

f:id:bot-naz1:20191222180434j:plain

 

 

 水の声に、心が斉います。 

f:id:bot-naz1:20191222180457j:plain

 

 

 

 

f:id:bot-naz1:20191222185855j:plain

 

 

 

f:id:bot-naz1:20191222185918j:plain

 

 

 

f:id:bot-naz1:20191222185939j:plain

 

 

 

f:id:bot-naz1:20191222190002j:plain

 

 

 

f:id:bot-naz1:20191222190021j:plain

 

 

 

f:id:bot-naz1:20191222190042j:plain

 

 

 水の翔逸、翔華、翔踊に合わせられ・・・

f:id:bot-naz1:20191222190102j:plain

 

 無事の下山、

 思誠の山路に

 感謝。

 

 fin

 

二ツ箭山/朗暢 2019年12月14日

 今日(12/14)は、二ツ箭山へ。 

 明日、明後日は用向きが有り、本日しかなさそうです。

 予報はまずまず、さて行先は?

 安積山、安達太良も考えましたが、

 洋の朗耀を求める心がまさりました。いざ。

 

 

 御滝に礼すれば、水の謙廉に合わせられます。

f:id:bot-naz1:20191214174940j:plain

 

 

  水のさやけき声が歩のリズム。

f:id:bot-naz1:20191214175002j:plain

 

 

 

f:id:bot-naz1:20191214175019j:plain

 

 

 すると、私の長靴が目についてか?" koizumiさん?"

 kannoさん。拙ブログをご覧頂いているそうで恐縮至極。

f:id:bot-naz1:20191214175038j:plain

 

 

  水の精と・・・

f:id:bot-naz1:20191214175054j:plain

 

 

 語らいながら。 

f:id:bot-naz1:20191215154031j:plain

 

 

 

f:id:bot-naz1:20191214175128j:plain

 

  

 〆張り場から、山脊へと息を荒げます。

f:id:bot-naz1:20191214175144j:plain

 

 

 山脊には心地よい風。今日は温い。 

f:id:bot-naz1:20191214175202j:plain

 

 

 岩場に直下。呼ばわる響に耳澄ませます。

 「天を仰げ、天から生きよ」。 

f:id:bot-naz1:20191214175226j:plain

 

 

  ちょいとロープのお世話になって。

f:id:bot-naz1:20191214175249j:plain

 

 

 男岩、女岩を分つ基部へ。

f:id:bot-naz1:20191214175305j:plain

 

 

 女岩へと攀じります。

f:id:bot-naz1:20191214175323j:plain

 

 

  背を押し上げてくれる、男岩。

f:id:bot-naz1:20191214175343j:plain

 

 

f:id:bot-naz1:20191214175359j:plain

 

 

 登了。

f:id:bot-naz1:20191214175415j:plain

 

 

 女岩を頂きました。暫し、黙想。

 陽精の頌歌、そして洋の讃歌に浴します。

f:id:bot-naz1:20191214175431j:plain

 

 

 

f:id:bot-naz1:20191214175448j:plain

 

 

f:id:bot-naz1:20191214175503j:plain

 

 

 さて、岩場のテラスへ。

 常連の satouさん、asanoさん、イガグリさん、M浦さんご夫妻~

 相変わらずで何よりです。

f:id:bot-naz1:20191214175521j:plain

 

  柔らかな陽ざしの下、歓談、四方山話。

 

 そして、鍋焼きタイム。

f:id:bot-naz1:20191214175535j:plain

 

 

 みなさんを見送り・・・ 

f:id:bot-naz1:20191214175604j:plain

 

 

 テラスでまったり。 

f:id:bot-naz1:20191214175632j:plain

 

 

宙soraと思想の交換をしよう・・・

 

f:id:bot-naz1:20191214175648j:plain

 

 

 孔子の言葉に、
「能く一日のあいだ其の力を仁に用うるもの有りとせんか、
我れは未まだ力足らざるものを見ざる也。
蓋し之れ有らんも、我れ未まだ之れを見ざる也」
とか。
仁、人間の愛情というものへの確信があればこその言葉です。
そして、「聖と仁の若きは、則ち吾れ豈に敢えてせんや」とも。
それは努力なしには達しえないと、彼は自覚しておりました。

地球環境問題につき、世界のお偉いさん方の協議を見て、聞いて、
子どもたちは、大人たちに信頼を寄せることができたかな?
進歩とか、利便とか、快適とかにだまされちゃいけないよ。
君たちは、もっと怒っていい。

 

 

f:id:bot-naz1:20191214175709j:plain

 

 天を仰げ。

f:id:bot-naz1:20191214175734j:plain

 

 

 いい時間を過ごせました。

帰るとしましょう。

 

f:id:bot-naz1:20191214175752j:plain

 

 

 沢コースへ。

 

 修験台から、"夫婦岩"。 

f:id:bot-naz1:20191214175814j:plain

 

 

 沢床へと降り起って・・・ 

f:id:bot-naz1:20191214175851j:plain

 

 

 水の精に通行の許しを請います。

f:id:bot-naz1:20191214175911j:plain

 

 

 

f:id:bot-naz1:20191214175927j:plain

 

 

 黄葉の渾身の讃歌。

f:id:bot-naz1:20191214175948j:plain

 

 

水君の、翔逸、翔華、翔踊に与って・・・ 

f:id:bot-naz1:20191214180028j:plain

 

 

 

f:id:bot-naz1:20191214180045j:plain

 

 

f:id:bot-naz1:20191214180101j:plain

 

 

f:id:bot-naz1:20191214180136j:plain

 

 無事の下山、

朗耀、朗暢の山路に

感謝、感謝。

 

 fin

 

 

 

移ヶ岳/郷進 2019年12月8日

  移ヶ岳の山頂から、雪をまとった大滝根山。ん~、霧氷かな?

f:id:bot-naz1:20191208184801j:plain

 

 

 今日(12/8)は、ひょいと移ヶ岳へ。

 午前9時以降晴れる?との予報につられて腰を上げましたが、

 どうにも雲が剛腹、頑固。でも久々。朝な夕な目に親しんだ山です。

 思った様な眺望にこそ恵まれませんでしたが、

 その親昵にとっぷりと浸り、郷進の、特大のエ~ルに与りました。

 

 

  登山口の瑞峰平には、線量計。0.12μSv/h。いざ。

f:id:bot-naz1:20191208184842j:plain

 

  昔日の作業道を少し辿ると、移ヶ岳神社。

f:id:bot-naz1:20191208184901j:plain

 

 

  私が子供の頃は、石の切り出しの車が往来に四苦八苦。

f:id:bot-naz1:20191208184916j:plain

 

 

 石切り場への分岐で、左へ折れます。 

f:id:bot-naz1:20191208184936j:plain

 

 

  陽の当たらぬ北面には、雪。初物かな?

f:id:bot-naz1:20191208184957j:plain

 

 

  巻いて、よっこらしょ。移ヶ岳を頂きました。

f:id:bot-naz1:20191208185013j:plain

 

 

  カップ麺にお湯を入れて待っていると、お一人来頂。

 言葉を交わすと、"koizumiさんですか?"

 何と、近所のnemotoさん。2017年8月6日に高柴山でもお会いしてました。

 しばし、歓談、四方山話。

f:id:bot-naz1:20191208185033j:plain

 

 

  食しながら、眺覧、周覧。雲が、何とも人懐っこくて。

 レンブラント光線が、鎌倉岳と大滝根山を画します。

f:id:bot-naz1:20191208185049j:plain

 

 

 雪に頌う、大滝根山

f:id:bot-naz1:20191208185104j:plain

 

 山頂部を占めるのは、航空自衛隊のレーダー基地。

f:id:bot-naz1:20191208185119j:plain

 

 

  光線に導かれて南へ目を遣れば、高柴、黒石、鞍掛の連なり。

f:id:bot-naz1:20191208185153j:plain

 

 

 そして片曽根山に雍られた、田村市船引の市街。

f:id:bot-naz1:20191208185226j:plain

 

 建物の数は昔日の比に非ず・・・。 

f:id:bot-naz1:20191208185247j:plain

 

 

  そして翻れば、どっしりと日山。

f:id:bot-naz1:20191208185321j:plain

 

 

  安達太良や吾妻、奥羽の山並みは雲中、雲裏。気を塞いでいると・・・

 空にぽっかり、青空が。天の慰撫に与りました。

 

 

 天に響くは、"Grace be with you"。

 「悲しい思いになってはならない。希望すべきだ。
 人にほんとうに与えうるのは、自分のもっている希望だけなのだ」
 との Alain の言葉が重なります。

 

f:id:bot-naz1:20191208185402j:plain

 

  いい時間を過ごせました。

 帰るとしましょう。

 

f:id:bot-naz1:20191208185423j:plain

 

 

 

f:id:bot-naz1:20191208185451j:plain

 

 

  後は、すたこら。

 

f:id:bot-naz1:20191208185509j:plain

 

 

 

f:id:bot-naz1:20191208185527j:plain

 

 

  (おまけ;12月1日、高柴山から望む移ヶ岳)

f:id:bot-naz1:20191208190702j:plain

 

 無事の下山、

 郷進の山路に

 感謝。

 

 Fin

 

 

高柴山/天和 2019年12月1日

 今日(12/1)は、阿武隈高原中部県立自然公園『高柴山』(884M)、

 及び、堂山王子緑地環境保全地域を見回ります。

 この間、冬が一進一退ということもあり?磐梯山にでもと、

 思わなくもなかったのですが、どうにも気忙しく、行かずじまいに。

 考えを纏めねばならぬことが多々あって、どうにもごちゃごちゃです。

 でも、やっぱり山に登るのはいい。

 阿武隈の山気に、天和に、心が洗われました。

 

 

 いつもの門沢登山口から。ちょっと上れば、阿武隈のエ~ル。 

f:id:bot-naz1:20191201155624j:plain

 

 

  霜柱がお出迎え。

f:id:bot-naz1:20191201155646j:plain

 

  その溌剌に激され・・・

f:id:bot-naz1:20191201155706j:plain

 

 

 勾配に歩一歩。 

f:id:bot-naz1:20191201155724j:plain

 

 

  落葉は、冬化粧。

f:id:bot-naz1:20191201155745j:plain

 

 冬枯れの径を・・・スキップしようか? 

f:id:bot-naz1:20191201155804j:plain

 

 

 水石着。あぶくまの祝福に和みます。 

f:id:bot-naz1:20191201155821j:plain

 

 珍しく?お客様。郡山からとか。 

 しばし、山談義。

f:id:bot-naz1:20191201155839j:plain

 

 

  山頂部、牧野側を見回りながら、展望台へ。

f:id:bot-naz1:20191201155912j:plain

 

 

 暢びやかな、日和。 

f:id:bot-naz1:20191201155938j:plain

 

 

  展望台へ到着。しばし、眺覧、周覧。

f:id:bot-naz1:20191201160003j:plain

 

 

 安達太良の連嶺が望めます。延伸して東吾妻山、一切経山。 

f:id:bot-naz1:20191201160026j:plain

 

 

 交響する、あぶくま、空、そして雲。 

f:id:bot-naz1:20191201160045j:plain

 

 

 

f:id:bot-naz1:20191201160100j:plain

 

 

 

f:id:bot-naz1:20191201160117j:plain

 

 

 次は、浮金側を見回ります。

 

  郡山の市街の奥に、安積山塊。

f:id:bot-naz1:20191201160132j:plain

 

 

  そして遠望、磐梯山

 雪は?あまりなさそうです。

f:id:bot-naz1:20191201160151j:plain

 

 嬉しいことに、天狗岩の響。

f:id:bot-naz1:20191206100021j:plain

 

 

 展望台を見遣ると、登山者がお一人。 

f:id:bot-naz1:20191201160213j:plain

 

  私も展望台へ。

 しばし、歓談、四方山話。聞けば、87歳。郡山からとか。

 今日はもう一山、移ヶ岳へ登るそうな。その矍鑠(かくしゃく)に、万歳!

f:id:bot-naz1:20191201160239j:plain

 

  異状のあるなく、安堵。

 

 昼餉は、風の柔らかな水石へ。 

f:id:bot-naz1:20191201160302j:plain

 

 

  めずらしく、月山。さやかな響が心を透します。

f:id:bot-naz1:20191201160324j:plain

 

 

 空と、雲と、語らうひと時。

f:id:bot-naz1:20191201160341j:plain

 

 

 先日、ローマ教皇フランシスコが来日し、その言動が報道で紹介されました。

 「ぜいたくで便利な生活」から「控えめでつつましい生活」へ、

 「いのち」を問い、「技術」を問い、「核なき世界」を問い、

 「わたしたちはどの様な者になりたいのか」、

 「後に生まれる人々にどのような世界を残したいのか」

 と問う姿に、

 まとわれた法衣を超え、人として満腔の共感を禁じ得ませんでした。

 同様の思想は、このブログでも折に触れて綴って来ましたが、

 如何せん、私は、名も無き一無用人。貧しき土塊です。

 果たしてどれだけの魂に届いているでしょうか。

 フランシスコの問いが、祈りが、一人でも多くの方に届きますようにと、

 祈らずにはおれません。

 

 

f:id:bot-naz1:20191201160355j:plain

 

 

  天に舞い、頌う雲。

f:id:bot-naz1:20191201160410j:plain

 

 

  私も頌い、天地に舞おう。

f:id:bot-naz1:20191201160427j:plain

 

 

 

f:id:bot-naz1:20191201160447j:plain

 

 

f:id:bot-naz1:20191201160502j:plain

 

 

  いい時間を過ごせました。感謝。

 

 そろそろ帰るとしましょう。

f:id:bot-naz1:20191201160526j:plain

 

 

 

f:id:bot-naz1:20191201160544j:plain

 

 

 

f:id:bot-naz1:20191201160604j:plain

 

 

 

f:id:bot-naz1:20191201160622j:plain

 

 

 

f:id:bot-naz1:20191201160641j:plain

 

 

 

f:id:bot-naz1:20191201160702j:plain

 

 無事の下山、

 天和の山路に、

 感謝、感謝。

 

 Fin