あるく

~山の恵みの備忘録~

滝桜~千年の鼓動 2020年4月9日

 滝桜の頌がきこえてきました。 

f:id:bot-naz1:20200409085726j:plain

 

 

 今日(4/9)は、三春の滝桜へ。

 滝桜が満開を迎えているとの便りあり。

 今年は、コロナ禍。誘客は自重自粛で、訪れる者はわずか。

 早起きして、隣町へ。

 樹齢千年の鼓動が、あたたかく迎えてくれました。

 

 史家によれば、

 人類が動物を家畜化したり、農耕で生態系に介入したこと、

 そのことへの自然からの反応が感染症だったとか。―

 19世紀、コレラの感染爆発は、その防止のために水道事業を促し、

 そして、それは近代国家の胎動につながった、とも。

 新型コロナウイルスを介して、人類はどんな世界を生み出すのか。

 滝桜は、その始末に目を凝らしています。

 

 

 威風堂堂。 

f:id:bot-naz1:20200409085829j:plain

 

 

 犯し難い気品が迫ります。 

f:id:bot-naz1:20200409085846j:plain

 

 

 

f:id:bot-naz1:20200409085904j:plain

 

 

 千年の思想を、交換します。 

f:id:bot-naz1:20200409090103j:plain

 

 

 『日本三大桜』とかで、つとに有名なこの桜、

 ―でも細き声が聞こえて来ます。

 

  「有名になることは醜いことだ、これは人間を高めはしない。

 文書にしておく必要はなく、草稿のままで惜しむがよい。

 創造の目的は献身にあり、評判でもなく成功でもない。

 ついうかうかとみんなの口にのぼるのは恥ずかしいことだ。

 そうだ偽りの名声に生きてはならぬ、つづまりはこのように生きることだ。

 宇宙の愛を自分にひきつけ、未来の叫び声に耳を澄ますのだ。

 ・・・・・・・
 ほかの人々は生きた足跡をたどって、一歩一歩おまえの道をくるだろう。

 けれど敗北と勝利とを、おまえ自身が区別してはならぬ」

 と(パステルナーク)。

 

 

f:id:bot-naz1:20200409090229j:plain

 

 

 "Grace be with you", ありがとう。

f:id:bot-naz1:20200409090249j:plain

 

 

  天辺には、火の鳥

 「天へ、そして天から生きよ」と呼ばわります。

f:id:bot-naz1:20200409155105j:plain

 

 

  fin

 

 

磐梯山/親倖 2020年3月26日

 ひと時、櫛ヶ峰で大磐梯と語らいます。

f:id:bot-naz1:20200326193340j:plain

 

 

 今日(3/26)は、磐梯山へ。

 身辺、気忙しくなって、ふと気が付くと、山へ行けない?

 でも、何とか算段。間隙を縫って・・・

 前回、安達太良でお招きをうけたので?迷わず、この山へ。

 

 ついでにピン長靴も同行、試してみました。

 うれしいことに若雪が結構あり、弘法清水から上でちょっと難儀。

 今回の使用で、だいぶ付き合い方を理会、体得できましたが、

 それはまた、実用限界の認識、把握にも繋がりました。

 (気温、風速、経験値その他を勘案した上での使用。安易に真似はしないで下さい)

 

 

  いつもの猪苗代スキー場から。

 川桁山のエ~ルをうけて。

f:id:bot-naz1:20200326192759j:plain

 

 

  快調、ピン長。今回はシビアな道程になります。

f:id:bot-naz1:20200326192815j:plain

 

 

 

 

 背を押し上げてくれた、湖。

f:id:bot-naz1:20200326192832j:plain

 

 

 

  赤埴の山脊に息を荒げます。

f:id:bot-naz1:20200326192849j:plain

 

 

 

 日陰のトラバースを了えて分岐。やっと、お日様。

 顔を見ただけで、温かい? 

f:id:bot-naz1:20200326192907j:plain

 

 

 

 衛兵岩にご挨拶。

 東尾根か櫛ヶ峰か逡巡。雪質、藪の出具合から東尾根は無理と観念します。

f:id:bot-naz1:20200326192926j:plain

 

 

 

 勇躍、沼の平へ。 

f:id:bot-naz1:20200326192941j:plain

 

 

 

 若雪に精彩。お山は、ご機嫌麗しいようで。

 無沙汰を詫びて・・・ 

f:id:bot-naz1:20200326193013j:plain

 

 

 

  しばし、語らいます。

f:id:bot-naz1:20200326193030j:plain

 

 

 

 のたりのたりの、沼の平。 

f:id:bot-naz1:20200326193045j:plain

 

 

 

  さあ、櫛ヶ峰へ。

f:id:bot-naz1:20200326193101j:plain

 

 

 

 ん~、上天気。 

f:id:bot-naz1:20200326193118j:plain

 

 

 

 

f:id:bot-naz1:20200326193149j:plain

 

 

 

 淵へと、稜線に上がれば・・・ 

f:id:bot-naz1:20200326193205j:plain

 

 

 

 はるか飯豊から、さやけき響。 

f:id:bot-naz1:20200326193222j:plain

 

 

 

 ザレ、ガレの斜面にあえぎ、櫛ヶ峰を頂きました。 

 気象庁監視カメラ様にご挨拶。

f:id:bot-naz1:20200326193249j:plain

 

 

 

 まずは、眺覧、周覧。 

f:id:bot-naz1:20200326193308j:plain

 

 

 

 

f:id:bot-naz1:20200326193323j:plain

 

 

 

 

f:id:bot-naz1:20200326193340j:plain

 

 

 

 

f:id:bot-naz1:20200326193359j:plain

 

 

 

 

f:id:bot-naz1:20200327073717j:plain

 

 

 

 

f:id:bot-naz1:20200327073738j:plain

 

 

 

 

f:id:bot-naz1:20200327073754j:plain



 

 耀耀たる飯豊が、一帯を統べります。 

f:id:bot-naz1:20200326193417j:plain

 

  まじまじと、飯豊。

 

 大日岳。 

f:id:bot-naz1:20200326193454j:plain

 

 

 

  御西岳。

f:id:bot-naz1:20200326193514j:plain

 

 

 

  そして、飯豊本山。

f:id:bot-naz1:20200326193532j:plain

 

 

 

 目を転ずれば、朝日の連嶺。 

f:id:bot-naz1:20200327073828j:plain


 

 

  月山の妙姿。

f:id:bot-naz1:20200326193626j:plain

 

 

  

  ふ~、此処に起つと邪念雑念の一切が、失せてしまう。

f:id:bot-naz1:20200327074100j:plain



 『詩三百、一言を以って之れを蔽えば、曰わく、思い邪しま無し』、

 とは孔子の言葉。

 「詩経」三百何篇の詩の中ですべての性質を蔽い得る言葉をえらぶなら、

 「思無邪」。「感情の純粋さであろう」と。また、

 『子貢問うて曰わく、一言を以って身を終るまで行う可き者有り乎。

 子曰わく、其れ恕乎。己れの欲せざる所を、人に施すこと勿かれ』とも。

 「恕」とは「思いやり」。

 

 「新型コロナウイルス」ですべてが閉塞、「敵」とみなされています。

 感染者や接触者までもが「ウイルス=敵」扱いされてはたまりません。

 「自分だけ」の我欲の追求は、その人の脳をウイルス化します。

 

 幸せとは生活が詩になること、詩が振る舞いになることなのだと、

 お山の響。

 お山に「思い邪しま無し」。

 

f:id:bot-naz1:20200326192721j:plain



 特別の時間を過ごせました。お山に感謝。

 さて、帰るとしましょう・・・でも、大磐梯。

 寄らないわけにもいかないな。

 

  天狗岩の勧めに従います。

f:id:bot-naz1:20200326193728j:plain

 

 

 

 「天を仰げ、天から生きよ」と、呼ばわる響。 

f:id:bot-naz1:20200326193743j:plain

 

 

 

 振り返って、櫛ヶ峰。そして、吾妻の朗朗。 

f:id:bot-naz1:20200326193801j:plain

 

 

 

 弘法清水着。

f:id:bot-naz1:20200329072034j:plain

 

 

 ひと息入れて、山頂を目指すも、新雪が多すぎてアップアップ。

 後続の方が替わってトレース。感謝。 

f:id:bot-naz1:20200326193818j:plain

 

 

 

 

f:id:bot-naz1:20200326193836j:plain

 

 

 

 ふ~、大磐梯を頂きました。

 途中、しんどい箇所もありましたが、以後気を付けます。(笑) 

f:id:bot-naz1:20200326193852j:plain

 

 

 

 ちょっと気取って、私。(飯豊はかすんでもやもや~) 

f:id:bot-naz1:20200326193910j:plain

 

 

 この方に撮って頂きました。感謝。 

f:id:bot-naz1:20200326193924j:plain

 

 

 

  先ほどお邪魔した、櫛ヶ峰。

f:id:bot-naz1:20200326193940j:plain

 

 

 

  陽精の渾身のエ~ルをうけ、山頂を後に。

f:id:bot-naz1:20200326193955j:plain

 

 

 

 

f:id:bot-naz1:20200326194011j:plain

 

 

 

 

f:id:bot-naz1:20200326194029j:plain

 

 

 

 

f:id:bot-naz1:20200326194045j:plain

 

 

 

 

f:id:bot-naz1:20200326194102j:plain

 

 

 

  沼の平で、大磐梯と・・・

f:id:bot-naz1:20200326194118j:plain

 

 

 

 歓談、四方山話? 

f:id:bot-naz1:20200326194135j:plain

 

 

 

 いとまを告げ・・・ 

f:id:bot-naz1:20200326194155j:plain

 

 

 

  後はすたこら。

f:id:bot-naz1:20200326194214j:plain

 

 

 

 

f:id:bot-naz1:20200326194231j:plain

 

 

 

 "See you, later".

f:id:bot-naz1:20200326194250j:plain

 

 無事の下山、

 親倖の山路に、

 感謝、感謝、感謝。

 

 fin

 

 

安達太良/鉄山/和愉 2020年3月15日

 馬の背を踏む私へ、磐梯山から親昵のエ~ル。

f:id:bot-naz1:20200315122133j:plain

 

 

 今日(3/15)は、安達太良、鉄山へ。

 朝の散歩で、安達太良の誘い? まだ雲陰、雲裏の稜線でしたが、

 予報は良さそうだし、ちょっと気晴らしに。

 ついでに、先日、安積山で試したピン長靴。

 充分の及第点でしたが、標高を上げ、もっと厳しい状況で

 試してみることに。

 

 

 

  奥岳、『あだたら高原スキー場』から。

 ~草叢が見え隠れ。やっとの営業の様です。

f:id:bot-naz1:20200315093012j:plain

 

 

 ピン長は快調。 

f:id:bot-naz1:20200315095144j:plain

 

 

 鉄山に、お目見え。 

f:id:bot-naz1:20200315102613j:plain

 

 

 勢至平を、峰ノ辻へ。

f:id:bot-naz1:20200315111202j:plain

 

 

 矢筈森が大きくなって来ました。  

f:id:bot-naz1:20200315111900j:plain

 

 

 稜線の先に安達太良本峰。 

f:id:bot-naz1:20200315111920j:plain

 

 

 しばし、眺覧。安達太良の懐に憩います。

f:id:bot-naz1:20200315112310j:plain

 

 

 

f:id:bot-naz1:20200315112315j:plain

 

 

 

f:id:bot-naz1:20200315113559j:plain

 

 

 

f:id:bot-naz1:20200315113608j:plain

 

 

 陽精の頌に鼓舞されて。 

f:id:bot-naz1:20200315113159j:plain

 

 

  峰の辻着。

f:id:bot-naz1:20200315115005j:plain

 

 

  そちらへは寄りません、悪しからず。

f:id:bot-naz1:20200315113627j:plain

 

 

 足に冷たさを覚えますが、
 気温も風速もそれほどシビアではないので、前進します。

f:id:bot-naz1:20200315115250j:plain

 

 

 

f:id:bot-naz1:20200315115442j:plain

 

 

 

f:id:bot-naz1:20200315115722j:plain

 

 

 

f:id:bot-naz1:20200315115729j:plain

 

 

 稜線に起てば、この山の懊悩の痕跡。 

 雪にしずもります。

f:id:bot-naz1:20200315120807j:plain

 

 

 今日は鉄山が山頂。迷わず右折。 

f:id:bot-naz1:20200315120824j:plain

 

 

 矢筈森から、鉄山。眺覧のひと時。 

f:id:bot-naz1:20200315121247j:plain

 

 

  岩には語られざる哲学がある。・・・

f:id:bot-naz1:20200315121522j:plain

 

 

 

f:id:bot-naz1:20200315121531j:plain

 

 

 馬の背を闊歩。しばし、エビノシッポと語らいます。 

f:id:bot-naz1:20200315121916j:plain

 

 

 振り返って、矢筈森。 

f:id:bot-naz1:20200315121940j:plain

 

 

  いざ、鉄山。

f:id:bot-naz1:20200315121954j:plain

 

 

 お~い、ばんだいさ~ん。 

f:id:bot-naz1:20200315122138j:plain

 

 

 無沙汰を詫びます。

f:id:bot-naz1:20200315122135j:plain

 

 

 迫る、鉄山。 

f:id:bot-naz1:20200315122537j:plain

 

 

 

f:id:bot-naz1:20200315123214j:plain

 

 

 さて、トラバース。なのですが、雪質はカチンコチンでこの勾配。

 ちょっと悩ましいな。 

f:id:bot-naz1:20200315123341j:plain

 

 

  何とか緊張感を頼りに?鉄山を頂きました。

 気象庁監視カメラ様はご覧の通り。モニター不可は一目瞭然。

f:id:bot-naz1:20200315123928j:plain

 

 

 岩頭に起って、眺覧、周覧のひと時。 

f:id:bot-naz1:20200315123733j:plain

 

 

 安達太良の衆は、われわれ人間をどうみているのかな?

f:id:bot-naz1:20200315123730j:plain

 

 

  このところ、下界は新型コロナウイルスの感染拡大一色。

 「世界」という構制の、何という脆さであることよ。

 風土病のような局地的流行は『エンデミック』、そして

 それが各地に広まると『エピデミック』と呼ばれ、そして近代以降、

 通商、交通の発達により世界規模になるとパンデミック』なのだとか

 19世紀、コレラの流行は地球を一周するのに20年かかりましたが、

 今やこの新型コロナに至っては二ヶ月半という短さでした。

 

 「ウイルスとの戦いは、人間とは何かを問う戦いである」と、

 何方かが仰っていました。

 ウイルスは、今、生命とは何か、健康とは、社会とは、人権とは、・・・

 そうした根源的な、哲学的な問いの前に私たちを晒しています。

 原発事故も、巨大化しつつある風水害、環境問題もそう。

 災禍はいつも人間に問いを発し続けているのです、きっと。

 

 Make up your minds,

 whether you want to die economically or survive uneconomically.

 

 

 この山の懊悩は、宇宙創造の神秘を蔵しています。

f:id:bot-naz1:20200315123808j:plain

 

 

 

f:id:bot-naz1:20200315123813j:plain

 

 

  大地と思想を交換。

 いい時間を過ごせました。

f:id:bot-naz1:20200315123934j:plain

 

 

 お腹も満足?帰るとしましょう。 

f:id:bot-naz1:20200315123937j:plain

 

 

  

f:id:bot-naz1:20200315124213j:plain

 

 

  充満する精気と語らい・・・

f:id:bot-naz1:20200315124509j:plain

 

 

  後は、すたこら。

f:id:bot-naz1:20200315124211j:plain

 

 

 

f:id:bot-naz1:20200315124636j:plain

 

 

 

f:id:bot-naz1:20200315124945j:plain

 

 

 

f:id:bot-naz1:20200315130334j:plain

 

 

 

f:id:bot-naz1:20200315131051j:plain

 

 

 

f:id:bot-naz1:20200315131225j:plain

 

 

 

f:id:bot-naz1:20200315134232j:plain

 

 

 陽精のエ~ルに与り・・・ 

f:id:bot-naz1:20200315134236j:plain

 

 

  スキー場のBGMにのって、凱旋です。

f:id:bot-naz1:20200315142808j:plain 

  

 無事の下山、

 山路の和愉に、

 感謝、感謝、感謝。

 

 fin

 

 

安積山/游逸 2020年2月24日

 安積山。下山すると晴れるのです。(笑) 

f:id:bot-naz1:20200224164542j:plain

 

 今日(2/24)は、安積山(額取山)へ。

 ぽかぽかの山歩きが続き、雪の感触を忘れるところでした?

 ~それもあるのですが、

 残雪の山用にとスパイク長靴を購入したので、

 安積山で、ちょいと試すことに。

 

 どの長靴にするか逡巡。正直、迷いにまよいました。

 定評のある『岩礁』や、コスパの良い『GAILY』などが候補でしたが、

 どれも試し履きが出来ず、果して足に合うのか、どうにも不安。

 で、愛用の長靴『寅さん』と同じ会社の製品なら足型が合うはずと、

 兄弟分の『スパイクジョイ2』を購入することに。

 

 足にピッタリ、大正解でした。

f:id:bot-naz1:20200224181819j:plain

 

f:id:bot-naz1:20200224181842j:plain

 

 

 滝登山口から。霙(ミゾレ)のなか、傘をさして。

 

 雪世界へ。

f:id:bot-naz1:20200224164642j:plain

 

 

 雪はいいな、いいな。 

f:id:bot-naz1:20200224164658j:plain

 

 

 分岐。熱海からの径を合せます。 

f:id:bot-naz1:20200224164711j:plain

 

 

 新雪にはしゃぐ足。 

f:id:bot-naz1:20200224164724j:plain

 

 

 ピン長は快調、確りと雪をはみます。 

f:id:bot-naz1:20200224164738j:plain

 

 

 踏み跡をまじまじ。 

f:id:bot-naz1:20200224164752j:plain

 

 

 

f:id:bot-naz1:20200224164807j:plain

 

 

 樹々が小振りになると、山頂間近。 

f:id:bot-naz1:20200224164825j:plain

 

 

 

 安積山(額取山)を頂きました。

f:id:bot-naz1:20200224164855j:plain

 

 

 招く、ケルン。 

f:id:bot-naz1:20200224164911j:plain

 

 

  大将旗山への径は雲陰、雲裏。

f:id:bot-naz1:20200224164927j:plain

 

 

 すると、雲がひらけ、陽精の頌歌が。 

f:id:bot-naz1:20200224164941j:plain

 

 

 一刻の祝福に与りました。 

f:id:bot-naz1:20200224164958j:plain

 

 

f:id:bot-naz1:20200224165012j:plain

 

 

 樹々と雪の精の交響に、うっとり。 

f:id:bot-naz1:20200224165026j:plain

 

 

 

f:id:bot-naz1:20200224165045j:plain

 

 

 

f:id:bot-naz1:20200224165102j:plain

 

 

 下界では、『新型コロナウイルス』の感染拡大に怖じ怖じ。

 「コロナ」とは、太陽の外層大気。―

 皆既日食の際、縁から四方へと発せられるあの淡い輝きのこと。

 その名をウイルスに冠するのは、ただ見た目の相似に由るのでしょうが、

 陽精にしてみれば、迷惑な話に相違ありません。

 「屋内での互いの距離が十分に取れずに一定時間いる」のがリスクとか。

 そのような集会、催しの主催者たることを余儀なくされている者には、

 悩ましいこと、この上ない・・・。

 

 

 

 「冬の日は やわらかく 慈悲の顔のようにあかるい」(重吉)

 

f:id:bot-naz1:20200224165139j:plain

 

 

  

f:id:bot-naz1:20200224165157j:plain

 

 

  山頂を辞し・・・

f:id:bot-naz1:20200224165210j:plain

 

 

  風をさけて、パン1個。

f:id:bot-naz1:20200224165226j:plain

 

 

 だんだんと雲が失せて来ました。

f:id:bot-naz1:20200224165244j:plain

 

 

 福島県の『中通り』が展けます。 

f:id:bot-naz1:20200224165301j:plain

 

 

 

f:id:bot-naz1:20200224165316j:plain

 

 

 帰路へ。 

f:id:bot-naz1:20200224165332j:plain

 

 

 

f:id:bot-naz1:20200224165408j:plain

 

 

  後は、すたこら。

f:id:bot-naz1:20200224165426j:plain

 

 

 

f:id:bot-naz1:20200224165443j:plain

 

 

 登山口駐車場に戻って・・・ 

f:id:bot-naz1:20200224165459j:plain

 

 無事の下山、

 游逸の山路に

 感謝。 

 

 

 『下山すると、晴れ』の実証実験でありました。 

f:id:bot-naz1:20200224165516j:plain

 

 

 fin

 

 

 

福寿草は、讃う。 

f:id:bot-naz1:20200222091615j:plain

 

 

 福寿草が、咲きました。

 台風19号の災害により、庭は水没。置土産の泥の厚みは10cm以上。

 乾くと風に舞い上がり辟易。なので、暇を見つけてはかき出し土嚢袋へ。

 如何せん、いつも咲く場処を削り過ぎてしまい、観念しておりました。

 でも、生き延びて、数株。凛として、起立。

 

 花は、大地の心。

 そっと背中を押してくれます。

 

 

f:id:bot-naz1:20200222091650j:plain

 

 

 

f:id:bot-naz1:20200222091729j:plain

 

 

 

 

二ツ箭山/雍雍 2020年2月15日

 先の週は梅の花。今日は足もとに、たくさんのイヌフグリ

f:id:bot-naz1:20200216101318j:plain

 

 今日(2/15)は、二ツ箭山へ。

 何かとまた気忙しくなってまいりました。でも、先ずは、山へ。

 心は斉整。大きなエ~ルに雍らぎます。暖かな日。

 

 

  御滝に礼敬。その謙廉に合和。

f:id:bot-naz1:20200215180943j:plain

 

 

 水の時間に歩を合せます。

f:id:bot-naz1:20200215181006j:plain

 

 

 

f:id:bot-naz1:20200215181025j:plain

 

 

 

f:id:bot-naz1:20200215181043j:plain

 

 

 水の精と語らいながら。 

f:id:bot-naz1:20200215181058j:plain

 

 

 

f:id:bot-naz1:20200215181117j:plain

 

 

 〆張り場で沢にわかれ、山脊へ。

 

 一枚岩、どすこい。 

f:id:bot-naz1:20200215181135j:plain

 

 

 岩場に直下。呼ばわる響は、「天へ、そして天から生きよ」。 

f:id:bot-naz1:20200215181155j:plain

 

 

  男岩に激されて。

f:id:bot-naz1:20200215181213j:plain

 

 

 

f:id:bot-naz1:20200215181231j:plain

 

 

  女岩を頂きました。

 そこはかとない、陽精の頌。しばし、黙想。

 

 「うすら陽がみなぎっている

 こころはやさしくたかぶり

 醜いことをかんがえても

 そのかげは花のようにうつくしい」・・・

 八木重吉

 

f:id:bot-naz1:20200215181247j:plain

 

 

 岩場のテラスへ。寛ぐ、常連のみなさん。 

f:id:bot-naz1:20200215181306j:plain

 

 

 お久しぶりです。S藤さんはちょうど発たれるところ。 

f:id:bot-naz1:20200215205017j:plain

 

 

  見送って、テラスには、T田さん、Y田さんと私。

 昼餉をつまみながら?閑談、四方山話。

f:id:bot-naz1:20200215181341j:plain

 

 

 うっすらとした空に、うららかさ。

f:id:bot-naz1:20200215181356j:plain

 

 

f:id:bot-naz1:20200215181411j:plain

 

 

 いい時間を過ごせました。

 帰りは、沢へ。

 

 

 修験台から、夫婦岩。呼ばわって、仰瞻。

 倦むことのない、信実。

f:id:bot-naz1:20200215181429j:plain

 

 

 

f:id:bot-naz1:20200215181447j:plain

 

 

 沢へと降り起って、水の精にご挨拶。

 通行の許可を乞います。 

f:id:bot-naz1:20200215181505j:plain

 

 

 

f:id:bot-naz1:20200215181523j:plain

 

 

  沁みてくる、水の思想。

f:id:bot-naz1:20200215181544j:plain

 

 

  水のように歩こう・・・

f:id:bot-naz1:20200215181603j:plain

 

 

 

f:id:bot-naz1:20200215181621j:plain

 

 

 水の翔逸・・・ 

f:id:bot-naz1:20200215181638j:plain

 

 

  翔華・・・

f:id:bot-naz1:20200215181723j:plain

 

 

  翔躍に与って・・・

f:id:bot-naz1:20200215181741j:plain

 

 

  無事下山。

f:id:bot-naz1:20200215181803j:plain

 

 

 梅の香が、うれしい。 

f:id:bot-naz1:20200215181828j:plain

 

 

f:id:bot-naz1:20200215181850j:plain

  

 山路の雍雍に、

 感謝。

 

  fin

 

 

二ツ箭山/朗心 2020年2月8日

 登山口、いわき市上小川にはもう梅が咲き溢れています。

f:id:bot-naz1:20200208184852j:plain

 

  

f:id:bot-naz1:20200208184912j:plain

 

f:id:bot-naz1:20200208184930j:plain

 

 今日(2/8)は、二ツ箭山へ。

 中国武漢市に発生、流行した新型コロナウィルス。その感染に、

 世界中が戦戦兢兢としています。

 「創意と知識と組織がいかに進歩しようとも、

 寄生する形の生物への侵入に人類が極めて脆弱な存在であるという

 その事実は、覆い隠せるものではない

 感染症は、人類の歴史の基本的なパラメーターであり、

 決定要因であり続けるだろう」とは史家の達識。 

 これも天災と言えば、天災。人類は試されているのでしょう。

 免疫力が弱まっている、現代人。体がそうなら、思想もそう。

 エートスとしては雑種がいいんだろうな、きっと。

 

 

  御滝に礼敬、その謙廉に合和。

f:id:bot-naz1:20200208184952j:plain

 

 

  水の時間、律動に合応。

f:id:bot-naz1:20200208185020j:plain

 

 

 すると、常連のkannoさん。もう、下山ですかぁ。

f:id:bot-naz1:20200208185036j:plain

 

 

  水の精と語らいながら。

f:id:bot-naz1:20200208185053j:plain

 

 

 

f:id:bot-naz1:20200208185111j:plain

 

 

 このところの寒波。上部は氷柱の回廊かな?

 山脊へ折れず、このまま沢をつめます。 

f:id:bot-naz1:20200208185128j:plain

 

 

  でも、・・・

f:id:bot-naz1:20200208185145j:plain

 

 

 それほどの氷柱の発達はなし。

f:id:bot-naz1:20200208185205j:plain

 

 

  寒を透しての彫琢は、つましやか?

f:id:bot-naz1:20200208185226j:plain

 

 

f:id:bot-naz1:20200208185250j:plain

 

 

f:id:bot-naz1:20200208185306j:plain

 

 

f:id:bot-naz1:20200208185322j:plain

 

 

 水の精爽、精彩は変わらず。

f:id:bot-naz1:20200208185339j:plain

 

 

  源頭、間近。

f:id:bot-naz1:20200208185401j:plain

 

 

  いつもの逆、沢から岩場のテラスへ。

f:id:bot-naz1:20200208185431j:plain

 

 

 修験台着。 

f:id:bot-naz1:20200208185448j:plain

 

 

 男岩/女岩。睦まじいので勝手に?「夫婦岩」。

 天を仰ぎ、呼ばわります。 

f:id:bot-naz1:20200208185504j:plain

 

 岩場のテラスをズームアップ。

f:id:bot-naz1:20200209101106j:plain

 

 

  月山のエ~ル。

f:id:bot-naz1:20200208185520j:plain

 

 

陽精の頌に、しばし黙想。 

 

天災は、みな、天の声。

「各人が自己利益の最大化を目指した結果、経済全体が拡大することも、

一定の条件が揃えばありうる」

とはアダム・スミスの言葉。

ここから、勝手に、「一定の条件が揃えばありうる」を取っ払い、

「自己利益=部分最適の追求は、常に全体利益をもたらす」

という短絡的な教義にしたのが、新自由主義なのだ、

この21世紀型の新興宗教と訣別せねば将来はない、

と、何方かが諫めておられました。 

まあ、これは、思想上の『新型コロナウイルス』みたいなもの。

 

環境など意に介さぬこのウイルスの蔓延の方がよっぽど怖い、

そんな気がしてなりません。・・・

 

燦燦と諭す、陽精。

f:id:bot-naz1:20200208185533j:plain

 

 

 修験台を後にすると、前方からO利さん。

 沢をくだるそうな。

f:id:bot-naz1:20200208185549j:plain

 

  女岩は直ぐ其処。

f:id:bot-naz1:20200208185608j:plain

 

 

  岩場のテラスに着くと、いつもの方々が。

 yosidaさん、M浦さんご夫妻、そしてasanoさん。早速、鍋焼き。

 M浦さんから栄養の補給?美味、感謝。

f:id:bot-naz1:20200208185630j:plain

 

  

f:id:bot-naz1:20200208185651j:plain

 

  すると、途中で追い越したkanekoさんが到着。

 『古来稀なり』にして、元気いっぱい。

 歓談、四方山話。

f:id:bot-naz1:20200210092430j:plain

 

 

  みなさんを見送って、テラスに独り。

 サンヒーターで、温温。極上の時間。

 

 さて、帰るとしましょう。

 本日は逆廻り、岩場を下降します。

f:id:bot-naz1:20200208185734j:plain

 

 

 

f:id:bot-naz1:20200208185752j:plain

 

 宙からは大きな、おおきなエ~ル。 

f:id:bot-naz1:20200208185808j:plain

 

 

  男岩は激。

f:id:bot-naz1:20200208185828j:plain

 

 

 

f:id:bot-naz1:20200208185847j:plain

 

 基部へと降り起って、月山。 

f:id:bot-naz1:20200208185906j:plain

 

 

  さらにロ~プに縋って?

f:id:bot-naz1:20200208185924j:plain

 

  岩場の直下に。呼ばわる響は、「天を仰げ、天から生きよ」。

f:id:bot-naz1:20200208185941j:plain

 

 

  一枚岩をそろりそろり。

f:id:bot-naz1:20200208190339j:plain

 

 

 再び水の精にご挨拶。 

f:id:bot-naz1:20200208190312j:plain

 

 

  水の精に鼓舞され、後はすたこら。

f:id:bot-naz1:20200208190402j:plain

 

 

 

f:id:bot-naz1:20200208190419j:plain

 

 

 

f:id:bot-naz1:20200208190436j:plain

 

 

 水の翔逸・・・ 

f:id:bot-naz1:20200208190454j:plain

 

 

 翔華・・・ 

f:id:bot-naz1:20200208190510j:plain

 

 

 翔躍に与って・・・ 

f:id:bot-naz1:20200208190529j:plain

 

 無事の下山、

 朗心の山路に

 感謝、感謝。

 

 fin