あるく

~山の恵みの備忘録~

飯豊保全資材荷上げ/信質 2021年7月15日

今日(7/15)は、飯豊へ。荷担ぎに。

天狗平から丸森峰直下のベースまで、保全資材荷上げのミッションです。 

 

HP『飯豊朝日連峰の登山者情報』に保全資材荷上げの準備が整ったとのお報せ。

丸森尾根や朝日連峰で実施される合同保全作業で用いられる資材です。

源五郎ネット(11kg)や、ヤシ土嚢、ヤシ繊維が2kg~5kgに小分けにされています。

それぞれがそれぞれの力、またザックの容量に応じて選ぶことが可能です。

→ 登山者情報2,173号 (ic-net.or.jp) をご参照ください。

 

保全」と聞くと、力もないくせに、なぜか、体がそわそわ。(笑)

わたしがいいでにおり、いいでがわたしのうちにいるからに違いありません。

いいでから、これまでたくさんの恵みをいただいて来ました・・・

ほんの少しでも、その恩返し、その縁ともなりうるのなら、幸いです。

梱包など、ご準備下さったみなさん、ありがとうございました。

 

 

自意識過剰かな?(笑)

荷が頑固な奴で?2個をザックに納めるのにすったもんだで、悪戦苦闘 。

で、気が回らず、ブツそのものは撮らずじまいに。

f:id:bot-naz1:20210715205525j:plain

 (写真を撮って頂いたのは、小国山岳会のnishinaさん。

天狗平ロッジにhataさんがおられるというので、ご挨拶に。)

 

 

丸森尾根に客となります・・・ 無事届けさせ給え。

f:id:bot-naz1:20210715201009j:plain

 

 

 

曇り空ですが、晴れるはず? 

尾根の鼓動に合わせられ、黙々と歩一歩。

f:id:bot-naz1:20210715201028j:plain

 

 

 

ん~、正確な予報。にしても、この汗。ペースダウン。 

f:id:bot-naz1:20210715201048j:plain

 

 

 

雲がはらわれ、梶川峰が御出座し。エ~ルに応えます。 

f:id:bot-naz1:20210715201104j:plain

 

 

 

木陰で、ひと息。 

f:id:bot-naz1:20210715201122j:plain

 

 

 

飯豊の頌が、足を引き上げます。

f:id:bot-naz1:20210715201153j:plain

 

 

 

 

f:id:bot-naz1:20210715201211j:plain

 

 

 

アヅイ・・・ 

f:id:bot-naz1:20210715201227j:plain

 

 

 

お山に促され、ひと息。 

f:id:bot-naz1:20210715201245j:plain

 

 

 

眺覧、周覧・・・ 

f:id:bot-naz1:20210715201303j:plain

 

 

 

お山の響に、頌う歌に、耳清ませます。 

f:id:bot-naz1:20210715201335j:plain

 

 

 

 

f:id:bot-naz1:20210715201403j:plain

 

 

 

お~、エブリから、朝の挨拶が。 

f:id:bot-naz1:20210715201424j:plain

 

 

 

ご機嫌麗しいようで。 

f:id:bot-naz1:20210715201442j:plain

 

 

 

エブリの山頂と避難小屋をアップ。

f:id:bot-naz1:20210715201457j:plain

 

 

 

 

f:id:bot-naz1:20210715201512j:plain

 

 

 

 さあ~て、飯豊の香、飯豊の風に鼓舞され・・・

f:id:bot-naz1:20210715201529j:plain

 

 

 

うながされて・・・ 

f:id:bot-naz1:20210715201545j:plain

 

 

 

天翔けよう。 

f:id:bot-naz1:20210715201602j:plain

 

 

 

 

f:id:bot-naz1:20210715201620j:plain

 

 

 

 

f:id:bot-naz1:20210715201639j:plain

 

 

 

ふ~、アヅイ。何度でも言います、アヅイ。ギアはローの2速か。(笑)

バランスの改善は無理そう。 このまま、ガマン、我慢。

f:id:bot-naz1:20210715201654j:plain

 

 

 

お~、道が新しく伐り開かれ、加えて、足への厚情。感謝。 

f:id:bot-naz1:20210715201714j:plain

 

 

 

 ハァ~、やっとこさで、設置場処、資材のベースに到着。

これまでの、先着は、7名。

~takahashiさん、takahashiさん、hatanoさん、seidaさん、ichihashiさん、igarashiさん、tachikawaさん

みなさんの汗の結晶が、其処に、凛然と、輝いています。

f:id:bot-naz1:20210715201738j:plain

 

 

本日、私が担ぎ上げた分も、ザックから引っ張り出して・・・ 

f:id:bot-naz1:20210715201818j:plain

 

 

仲間入りさせて頂きますね。

みんなの汗の結晶が、お山の恢復に、少しでもお役に立ちますよう、祈りつつ。 

f:id:bot-naz1:20210715201835j:plain

 

さて、今日は、荷上げが全て。稜線に遊ぼう何ぞという煩悩?(笑)は一切無し。

それに、早く帰らねばなりません。道を復します。(おにぎり1個+パン1/2個)

 

 

倉手山の鄭重なる労いをうけ、凱旋です。

f:id:bot-naz1:20210715201852j:plain

 

 

少し下ると・・・ 

小国山岳会のnishinaさんとsaitouさんが息んでおられました。お二人も荷上げ。

いっちゃんを師匠と仰ぐsaitouさん、いっちゃんに携帯をかけてみるも・・・

上手くつながらず。(着信になってしまってたら、ごめんなさい) 

f:id:bot-naz1:20210715201910j:plain

 

 

 

 稜線は雲陰、雲裏。

f:id:bot-naz1:20210715201928j:plain

 

 

 

 

f:id:bot-naz1:20210715201946j:plain

 

 

 

丸森尾根は降りが、ツライ。 

f:id:bot-naz1:20210715202010j:plain

 

 

 

でも、背に負荷は無く、すたこら。 

f:id:bot-naz1:20210715202027j:plain

 

 

 お山に護られつつ。 

f:id:bot-naz1:20210715202043j:plain

 

 

 

 転がるように。

f:id:bot-naz1:20210715202100j:plain

 

 

 

 

f:id:bot-naz1:20210715202120j:plain

 

 

 

道すがら、トンボ君のアピール?

そう言えば、今日は、煩わしい虫が全然いなかった。

f:id:bot-naz1:20210715202144j:plain

 

 

ありがとう、みんな成敗?してくれてたんだね。 

f:id:bot-naz1:20210715202207j:plain

 

 

おかげさまで。 

f:id:bot-naz1:20210715202226j:plain

 

 

 

降ると、この枯木に呼び止められます。

独特の訴求力。何かを言わんとしているような・・・

f:id:bot-naz1:20210715202241j:plain

 

 

でも、わからない。

語られざる何か、その何かは、見上げる者の心象にこそ。 

f:id:bot-naz1:20210715202259j:plain

 

 

 

天狗平ロッジが見えて来ました。でも、これからが、なぜか長い。(笑) 

f:id:bot-naz1:20210715202320j:plain

 

 

 

既に、秋のファッションショー? 

f:id:bot-naz1:20210715202342j:plain

 

 

飯豊山荘の前にポ~ンと投げ出されれば・・・ 

f:id:bot-naz1:20210715202418j:plain

 

 

 ミッションの終了です。

 

みんなの中のいいでが、いつまでも、いいでの中のみんなでありますように。 

f:id:bot-naz1:20210715202440j:plain

 

無事の下山、

信質の山路に

感謝、感謝、感謝。

 

fin